寺田健人 Kento Terada
1991年沖縄県生まれ。沖縄県立芸術大学卒業後、2017年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻入学。2014年に第1回WORKSHOP フォトネシア写真学校ポートフォリオレビューにて審査員賞(森栄喜選)。

・主な展示
2013年 12月 とぅー展@Gallery Space PinoO(那覇)
2014年 11月 寺田健人×酒井美和二人展@芸祭2014 
2015年 4月 個展「クローゼットに手を触れて」@沖縄県立芸術大学附属芸術資料館
2015年 11月 0になるとき 沖縄県立芸術大学+宝塚大学交流展@芸祭2015
2017年 10月 アトラス展@東京藝術大学取手校地
2017年 11月 経過展-2017-@東京藝術大学上野校地 大学会館展示室
2018年 2月 Monochrome photo exhibition@ゆう画廊(銀座)
2018年 6月BARRAK INDEPENDENTS バラックアンデパンダン-生き抜くために創るのだ@BARRAK(那覇)
2018年 7月 WIP展2018@東京藝術大学取手校地 

・主な企画 
2014年  6月 Dig↓Dig↓Personal展@沖縄県立芸術大学附属芸術資料館
2016年 3月 ACT UP!上映会&おしゃべり会 

・論文、エッセイ
2015年 3月「囚われる男たちー『美少女戦士セーラームーン』における男性キャラクターの表象」『少女マンガの表象研究会研究報告書』
2016年 4月「無意識のうちに誰かを傷つけないために」『季刊SEXUALITY No.75沖縄から学ぶ「平和と性の権利」の実践をつくる』(エイデル出版)
2017年 3月「ヴォルフガング・ティルマンス論ー同時代への「私的な」眼差しとインスタレーションについて」(平成28年度沖縄県立芸術大学美術工芸学部芸術学専攻卒業論文)
2017年 7月「宙吊りになる〈鑑賞者/アクター〉」(小野龍一個展「AINICLE」に寄せて) 
2018年 12月「クィア実践としての日常写真−日常を「視覚すること」と「見ること」、「撹乱すること」について−」(平成30年度東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了制作作品解説)

・主な講演会 
2015年 12月 性・エイズ講話 今、「性の多様性」について考えること@中部商業高校 
2016年 1月 nuge×HIV人権ネットワーク×JOCA沖縄世界塾・番外編「LGBT講座-無意識のうちに誰かを傷つけないために」@首里高校 
2016年 3月レインボー講座「学校の中のLGBT」@なは女性センター
 ※その他2015年12月〜2017年3月まで沖縄県内の高校、専門学校などで講演会
Back to Top